WeBe!wifiの評判や口コミ|初期費用やキャッシュバック、コスパについても

webe!wifiの評判や口コミ レビュー

webe!wifiの評判や口コミ

ポケットwifiのWeBe!wifiについて評判や口コミを確認していきます。

WeBe!wifiの良い評判や口コミ、メリット

WeBe!wifiはインターネット上やSNS上で評判や口コミを見ることができます。

まずは、良い評判や口コミについて確認していきましょう。

契約期間が3ヶ月と圧倒的に短い

契約期間の縛りが3ヶ月なので、短期間使いたい場合に向いている

契約期間に関する評判であり、これがWeBe!Wifiの最大のメリットとも言えます。

通常、クラウドsim系のポケットwifiは2年契約の縛りがあり、期間内の解約は高額な違約金がかかります。

しかし、WeBe!Wifiはこの契約期間の縛りがたったの3ヶ月であり、解約がしやすい特徴があります。

webe!wifiの契約期間

2年も使用すると新しい機種が登場して、時代遅れになっているというようなことは容易に想像でき、実際には2年縛りでも2年以内に解約するケースが多くあります。

また、一時的にポケットwifiが必要なケースなどもありますが、そういった場合にも向いているのがWeBe!Wifiと言えます。

2年縛りのクラウドsimの期間内解約における違約金は10,000〜20,000円程度が一般的であり、WeBe!Wifiはこの違約金を払うリスクが少ないのが評判が良い理由です。

なお、WeBe!Wifiを3ヶ月以内で解約する場合は、違約金9,840円がかかります。これはWeBe!Wifiを3ヶ月使用した際の料金と同じであるため、3ヶ月以内で解約するメリットはあまりありません。

3ヶ月以内の使用である予定の場合も、解約は3ヶ月使い切ってからで良いと言えるでしょう。

初期事務手数料がかからない|初期費用やキャッシュバックは?

初期の事務手数料がかからないので安上がりで始められる

初期の事務手数料がかからないという評判ですが、これもWeBe!Wifiのメリットの一つです。

webe!wifiの初期事務手数料

通常、クラウドsimのポケットwifiを利用する場合、初期の事務手数料3,000円がかかる場合がほとんどです。

しかし、WeBe!Wifiの場合、この初期事務手数料がかかりません。

また、その他の初期費用についても、WeBe!Wifiはかからないため、開始する際に余計なお金がかからないのが特徴と言えます。

なお、WeBe!wifi2020年05月31日までキャッシュバックのキャンペーンを実施しています。

キャッシュバックの最大金額は23,500円であり、1年目に5,500円、 2年目に8,000円、3年目に10,000円が銀行口座へキャッシュバックされます。

適用条件は以下の通りとなるため、該当する場合はこちらも申請するようにしましょう。

・キャンペーン期間内にお申込み頂いたお客様
・お支払い方法の選択項目で「クレジットカード払い」をご選択いただいたお客様
・ご契約と同時に、「安心サポート」にご加入していただいたお客様
・キャッシュバック特典のお振込み日まで契約解除することなく継続して契約いただけるお客様
・手順に従って、メール記載事項(お受け取り口座情報等)を申請期限内にご入力いただいたお客様

月額は安め|他社との比較は

月額が3,280円と比較的安いので使いやすい

こちらはWeBe!Wifiの月額に関する評判です。

webe!wifiの月額費用

WeBe!Wifiの月額は3,280円と比較的抑え目の料金です。

他のクラウドsim系のポケットwifiと比較すると以下の通りです。

製品名 月額(税抜)
WeBe!wifi 3,280円
めっちゃwifi 3,480円
THE wifi(ライトプラン) 3,480円
ギガwifi 3,250円
どんなときもwifi 3,480円(25ヶ月〜3,980円)
限界突破wifi 3,500円
ギガゴリwifi(ワールドプラン) 3,460円
ポケットモバイルcloud 3,250円

上記のように、WeBe!Wifiの月額は他の製品と比べても比較的安いメリットがあります。

ただし、WeBe!Wifiは1日の容量制限として5GBが設定されています。他社の製品はほとんどこのような制限がないため、その点は考慮する必要があります。

5GB使用以上の使用例としては、一般的な画質のyoutubeやLINE通話で10時間程度であるため、実際にはそこまで気にする必要はない可能性があります。

そこまで膨大な容量を使わない場合は、WeBe!Wifiはおすすめの選択肢と言えます。

WeBe!wifiの悪い評判や口コミ、デメリット

WeBe!wifiには一部で悪い評判や口コミ、デメリットも見ることがあります。

それらも確認していきましょう。

1日5GBの容量制限がある

こちらは1日5GBの制限に関する口コミです。

上記の通り、WeBe!wifiは1日5GB制限があるため、本当の意味での無制限ではありません

webe!wifiの容量制限

1日5GB以上の膨大な通信をする可能性がある場合は、向かないポケットwifiと言えます。

ただし、他の無制限を謳っているクラウドsim系でも、実際には一定の容量を超えると速度制限がかかるケースも散見されます。

多いパターンは100GBを超えた段階で速度制限がかかるケースなどです。

WeBe!wifiの場合は1日5GBのため、理論的には1月で150GBまでは使用できます。

このような点からWeBe!wifiが著しく容量制限をかけているわけではなく、1日5GBの制限を明記している分、使いやすいとも言えます。

契約期間の縛りが短いメリットを考えると、1日5GBでもコスパはかなり高いと言えるため、1日5GB以上使用する予定がなければ、WeBe!wifiはやはり良い選択肢と言えるでしょう。

解約時に事務手数料がかかる

WeBe!wifiの解約時に事務手数料がかかる点は悪い評判、デメリットの一つと言えます。

webe!wifiの解約事務手数料

他のクラウドsimと比較しても、解約時に事務手数料がかかるケースは多くありません。

解約の事務手数料3,000円がかかるのはやはり明確なデメリットと言えます。

しかし、前述の通り、WeBe!wifiは違約金がかかる契約期間の縛りが3ヶ月と他と比べて圧倒的に短いため、他社製品の10,000〜20,000円程度かかる違約金と比較すると、事務手数料3,000円は非常に安い金額と言えます。

また、WeBe!wifiはクラウドsimの一般的な初回事務手数料3,000円がかかりません。この初回事務手数料が解約事務手数料に回っていると考えれば妥当な金額と言えます。

トータルとして、契約期間の縛りや、違約金、初回事務手数料の面から考えると、事務手数料3,000円を考慮してもWeBe!wifiはコスパの良い製品と言えそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました